美容師の転職レポート

後藤さんのケース

前職はパティシエ。後藤さんは全くの異業種から美容業界に飛び込んだ意欲的な人。パティシエをしながらもどこか美容師への憧れをあきらめ切れなかった事から、ふとしたきっかけでこの道を歩む事に。飲食業界から美容業界へと転進した気持ちと今の率直な本音をお聞きしました。
簡単なプロフィール
前職現職
レストラン勤務 emotion hair / le Lien
パティシエアシスタント
レストラン内のパティシエとして、ケーキなどのスイーツを作っていました。アシスタントとして実務経験を積みながら、夜は国家試験に向けて勉強中。

以前の職場について教えてください。

leLienStylist04

以前は全く違う業種です。レストランでパティシエをやっていました。なので今回の転職で初めてこの業界に入ったんですね。パティシエは好きな職だったので仕事自体は楽しくやっていたのですが、それ以前から美容師の仕事への憧れがあり、パティシエをやっている間もずっとどこか心残りな部分がありました。

ちょっとしたきっかけで迷っている時に今のお店に出会うことができ、仕事を変わることを決意しました。

パティシエをやっていて楽しかった事は?

作ること自体とても楽しかったのですが、お客様がそれを食べて喜んでいただけるのを見るのが何より嬉しかったですし、やりがいを感じました。その点は今の接客やお客様とのコミュニケーションと重なる部分が多く、職業が変わってもやっている事、目指している部分は同じなんだなと感じています。

初めてこの業界に入ってみての率直な感想を教えてください

それまで持っていた先入観とは異なっている部分はありましたね。それでも大半は思い描いていたとおりのもので、お客様に満足をあたえるという点ではこれまでと変わらないので、楽しく働けています。

生活はどう変わりましたか?

emotionReport02

今は美容のことで頭が一杯です。昼間は仕事で、夜は資格のための勉強をしているのでハードな部分はありますが、そういう時はお客様の笑顔を思い出して乗り切っています。お店に関しては拘束時間も短く、(一般的な美容業界で)聞いていたような長時間残業などほとんどないので、だいぶ落ち着いた生活だと思います。飲食業界も拘束時間が長く、ハードな業種でしたが、その点では以前よりもかなり楽になりましたね。

私は地元が大分なので、昔からの友達というのが広島には少ないのですが、この業界に入ってから新たな仲間も増え、また新しいお客様にも囲まれているので、その点でも充実しています。

今後の抱負は?

まずはスタイリストとしてデビューすることですね。しっかり勉強して多くのお客様に喜んで頂けるようになれればと思います。ゆくゆくはオーナーや店長の右腕と言われるくらいの存在を目指しています。

美容業界は決して楽な業界ではないかもしれませんが、お客様に満足いただける楽しい仕事なので、未経験者の方も気軽にドアを叩いて欲しいな、と思っています。私の体験が、色んな業界の人たちと美容業界との架け橋になれればな、と思います。

取材班によるコメント

後藤さんは第一印象から人柄の良さが伝わってくる穏やかな方。終始ニコニコしながらも芯の強さが伺えました。多くの美容院が人材不足に悩む一方で、どのお店も経験者を切望しているのが実情。一方で一度は美容業界以外に就職したものの、美容業界に憧れを持ち続けている『業界外の人材』も少なからずいたりします。

今回後藤さんが入店したlelien/emotion hair(姉妹店)は全くの未経験者でもOKという門戸の広さも手伝い、新卒ではない業界未経験者の受け皿となりました。

従来、美容業界はキツくて休みがなくて拘束時間が長い、といった風土がありましたが、この頃ではそういった状況を改善しようというお店が増えてきているように感じます。そこに新たな分野から新たな人材が流入する事で業界風土が少しずつ変わっていくのかもしれません。